2006年はIntel Mac元年の年でした 

2006年の1月にIntel製のCPUを初めて搭載した、iMac, MacBook proが発売になりました。2005年に既にこの計画は発表されていたわけですが、それでもやはり、以前からのマックファンにとっては、ある意味、衝撃的なできごとだと思います。長い間使ってきたIBM, Motorola製のCPU, PowerPCとの決別となったわけです(ただ私は、IBM PowerPC G5を今でも使用していますが)。このようになった、大きな原因として、いつまでたっても、PowerBookなどのノートPCに搭載できるような、小型、省電力タイプで高クロックなCPUが、IBMからは開発されなかったことが挙げられると思います。つまりIBM製のPowerPC G5のようなCPUを搭載したノートPCは、その大きさ、発熱量から無理だったのです。一方、Intelは小型、省電力タイプで高クロックなCPUを次々と開発してきました。AppleとしてはIBMに見切りをつけたということです。実際、Intel core 2 duoを搭載した, MacBook Proは、ハイスペックで魅力的です。
 ただ仕事で毎日、長時間使うユーザーからすると、あのパームレスト部分の熱さは、特に夏は、ちょっとイヤかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2006/11/27 17:38 ] Macintosh | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/10-714c1152