1/28 週の相場はどうなる 

とても重要な週ですね。
月曜日、ブッシュ大統領の一般教書演説があります。

30日にGDP速報値。FOMCでは0.25-0.5%利下げ幅であろうと思います。
金曜日週末には、雇用統計。予想は前回1.8万人よりも大幅に強い5.5万人となっています。
この中でGDPでかなり悪い数値が予想されています。ドル円の下落の可能性あります。

全体を通してドル円104.95-108を予想しています。先週の安値104.95がサポートとなるのではと考えています。

ドル円は105円前半は、ロングで買ってもいいかなと考えています。長期的にみれば、買っても損ではないです。ドル円は1年ぐらいたてば115円ぐらいになっている可能性は充分あります。

基本的な流れとしては、円高リスクがもっとも懸念される、最後の週と考えています。
★個人的なテクニカル解析の結果としては、104円を割り込む可能性は低いと思います(よほどのサプライズがあれば103円代でしょうか)。

NYダウのチャート解析もしてみましたが、そろそろ底打ちの時期と考えています。

私は、FRBの緊急利下げは、効果があったと思っています。

★来週の相場はどうなる 予想はこの方たち, 4位 10位 スワップ派


★ところでスワップ派にはSwappyというツールが良さそうです。スワップ派ランキング4位の方が紹介されています。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
スポンサーサイト
[ 2008/01/27 23:01 ] マーケット FX戦略 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/107-9c35eb02


株価について

株式の価格は、株式取引を行うときに付けられるのですが、それがいわゆる株価で、この株価は変動し続けるものなので、買い時売り時を見誤らないようにしなければなりません。  物価は基本的に需要供給のバランスで自由に決定できますが、売買が行われる証券取引所で適用...
[2008/01/29 20:04] URL 株初心者でも安心!インターネット取引!,1/28 週の相場はどうなる