FOMCで相場はどう動くのか 

市場は、0.5%の利下げを期待しているようですが、前回の緊急の0.75%の利下げは、米国内でも、経済専門家からは、下げすぎだ! とバーナンキさんは、批判を浴びているそうです。

こういう、状況を考えると、0.25%の可能性が高いと思います。または、利下げなしという可能性は低いですが、若干はあり。

0.25%では、利下げ幅が少ないということでNYダウは、下落の可能性はあると思いますが、この下落は一時的で、いずれは回復するのではないでしょうか。
★また、0.25%の場合、ドル円、クロス円は、一時的に下落を想定しています。私は、ドル円、豪ドル円の押し目買いを狙っています。

★0.5%の場合は、ドル円、クロス円とも、いっきに上昇する可能性が高いです。
このようになるかもしれません。
ただ、短期間に1.25%の利下げは、米国の歴史でも極めて稀であり、やや考えにくいように思います。


★FOMCに向けての戦略は、スワップ派9位の方が紹介されています。

★豪ドル円の戦略は。スワップ派ランキング2位の方が紹介されています。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
スポンサーサイト
[ 2008/01/30 18:24 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/01/31 06:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/110-21ed4084