ドル円はどこまで下がるのか 

26日に開催されたFOMCで米国は政策金利を据え置きましたが、声明文には早期
利上げが示唆されず、原油も史上最高値を更新するなどドルは、調整となっています。

NYダウは、完全に暴落状態ですが、ドル円は、比較的落ち着いています。
しかし、NYの株式もそろそろ、底打ちとなると思っています。売られ過ぎ状態です。

ドル円は、一目均衡表の週足の転換線105.50が目安と思っています。

これをブレイクすると104.50前後、ここまでくると、かなりの下落ですね。

いずれにしても、今週は円高警戒です。

そのようななか3日(木)発表の米国雇用統計は、ドルのこれからを見通すうえで重要な材料です。


★豪ドルは押し目買いのチャンスここ4位

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
スポンサーサイト
[ 2008/06/30 00:49 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/221-bdfab25d