ドル/円, 4年半ぶりの高値122.3円、ユーロは対ドルで下落。 

午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から上昇し、122円前半で取引されている。午後に入ってからは、米長期金
利の上昇の他市場への影響が限定的だったとみられたことからドルが買われ、約4年半ぶりの水準となった。

アメリカの経済指標は好調であり、しばらくドル高が続くと思う。

しかし、いずれは、下落するので、その時に備えて要注意です。またドル円が大きく落ちたときが、買い時なので、しっかり資金準備。

ユーロは対ドルで、大きく下落。ポンドも頭を押さえられており、ドルが非常に強い。

スポンサーサイト
[ 2007/06/13 20:36 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/25-c1f8706d