クロス円の急上昇の可能性 

昨晩は、急に涼しくなり、夜に帰宅時は外は寒かったです。

今晩の雇用統計は、既に、悪いという印象は強く、つまり織り込み済みであり、その後に発表されるであろう、

米国下院での金融安定化法案(TARP)が可決されるかどうかに注目しています。

おそらく、可決されると思いますが、可決されると、NYダウは急上昇で、これまでリスク回避として円が買われてきましたが、再び円安方向に動きやすくなるという見方ができます。

★全般的な円安となり、クロス円が、急上昇の可能性があります。

1週間ー2 週間ぐらいは円安かもしれません。しかし、その後、ユーロ円、豪ドル円などが、また激しく売られると思います。

中期から長期でみるとユーロ円は135-140, 豪ドル円70円という予想も充分可能であり、クロス円は、完全に売りのターゲットになっています。

日本人のFX投資家は、約7割がロンガー(スワップ狙い)と言われますが、特に豪ドル円の保持者は、気をつけてください。

下落トレンドにある通貨を、流れに逆らって、ロングするのは、考えものです。

オセアニア通貨の買い時は、今ではなく、来年だと考えています。AUD,70円代前半を待った方が良いでしょう。

★今晩はロングで一気に勝負!!ここの13位

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
スポンサーサイト
[ 2008/10/03 17:02 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/250-e15af5bb