スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相場展望、豪ドル、ユーロ買い 

週末のマーケットですが、注目された米国11月の雇用統計にて非農業部門雇用
者数が事前予想の前月比34万人の減少に対して53.3万人の減少となったことや、先月10
月分の数値が下方修正(24万人の減少から32万人の減少へ)となったことを受けて、全
ての通貨ペアにて売り(円高、欧州通貨安、資源国通貨安)が先行しました。


一時、ドル円は91.58円まで下落しました。しかし、91円ミドルからは、底堅いイメージがありました。

NYダウは終盤盛り返し200ドル以上の上昇で引けています。

ドル円は、極めて不安定で弱気ながらも、90円を切ることは、当分ないと考えています。
しかし、ドルを、今、買う気には、やはりなれないです。
ただ、92円台で買っても悪くはないと思います。いずれは、来年ですが、100円程度に回復するだろうと思います。

ただ、買うのなら、私は、豪ドルドル、ユーロドルと考えています。

ということで、ユーロドルを金曜日に買っています。豪ドルドルも買っています。

私は、ドルストレートで、ドルは近々、下落トレンドに入ると考えています。つまり、ユーロドルは徐々に上昇と予想しています。

しかし、ドルストレートでは、今まで、ドルは異常に強いですね。ドルスイスなど、信じられない動きです。これほどまでに、米国の悪い指標がでても、依然として強いです。景気の良し悪しだけでは、説明不能です。

ただ、中期的ー長期的に見れば、米国経済の減速は、続くでしょう。

米国のビッグスリーですが、もし倒産すると400万人の雇用減となるとのことで、政府が救済することは、間違いないでしょう。ただ政府の財政赤字は、巨額になるばかりです。

★ボリンジャーバンドの非常に有効な使用法はここの3位ためになります。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

スポンサーサイト
[ 2008/12/07 13:07 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/275-af8d5ca1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。