ドル円、下落トレンドだが 

一目均衡表で、雲の下限を破って、114.50付近までの下落となり、さらなる下落が予想されます。
この下落は基本的には、NYダウと連動しています。
次回、FOMCでの利下げは非常に確率が高いですが、そこからNYダウは、再び盛り返して、上昇してくるのではないかと思います。
もし、そこからNYダウも下落すると、いよいよ米国は、リセッションということになります。
しかし、米国は、住宅、金融関係に問題がありますが、それ以外は堅調ですので、このまま、リセッションのトレンドに入るのも考えにくいと思います。
シナリオとしてはFOMCでの利下げ後に、しばらく円安に向かうのではないでしょうか。そして、また円高方向にに下落と予想します。
もう、ひとつのシナリオとしては、このまま、ドル円は、下落です。しかし、このまま1直線に下落というのは考えにくいと思います。いずれにしても、最終的には、一目均衡表の月足で雲の下限の位置で1ドル109円と個人的に予想しています。
スポンサーサイト
[ 2007/10/21 16:13 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/45-f15c38c3