スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポンド円、ユーロの戦略、暴落か!? 

私はポンド円もユーロ円も、まだまだ、下方向を見ておいた方が良いと思います。

当然ですが、ポンドドル、ユーロドルのチャートを見ることが重要です。

ユーロドルは、雲の真下まで、上昇してきましたね。私は、雲の中に入らずに、結局下落だと思います。
ここで、いきなりショートポジを立ててもいいのですが、私は、そうせずに8時間足で、MACDがデッドクロスしたら、ショートポジを持つ予定です。結構、慎重な戦略です。なぜかというと、下落だと予想しても、ハズレることもあるからです。

つまり何を言いたいかというと、頭の中の予想としては下落ですが、実際に相場の下落を確認してからエントリーしますよ、ということです。この点は、実は極めて重要な点です。つまり、単なる予想で、勝負はしないということであり、相場の動きに、後から着いていく(フォロー)ということです。

この点を、多くの一般のトレーダーが、よく勘違いしている点です。多くのトレーダーは、勝ち組の人は、予想があたって、勝つのだろうと考えていますが、そうではありません。予想は、予想であって、そんなものはハズレてもいいのです。予想が全てあたるトレーダーなんて、この世の中で存在しません。相場が下落していくのを確認してから、着いていくのです。それが、トレンドフォローです


豪ドル円は、今は明らかに、大きな流れは下落です。どこまで落ちるのか、誰にもわからないです。だから、私はロングはしません。そんなものは、根拠無き、逆張りです。大きな流れが下落の時は、ショートで追いかけていきます。大きな流れが下落の時に、逆張りする、優位性(エッジ)はゼロです。

逆張りは、なぜ良くないのかというと、大損することがあるからです。大損しなくても、単に塩漬けするだけのこともありますが、これも百害あって一理なしです。

いつもしっかりした記事ですー為替千里眼にほんブログ村為替ブログ93位

応援クリックして頂けると、とてもうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 14:01 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/549-5590cc09





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。