スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豪ドルは、戻り売りで行きます。 

豪ドルは、反発しました。私自身のショートポジは、ずいぶん前ですが、雇用統計の前に、利益確定をしておいたので、今は、ポジションがないです。

豪ドル円は、私は、依然として、大きな下落が、この先、起こると考えています。

いずれは、60円台ー50円台になるだろう、という考えも変わりません。

これには、おおきな根拠があります。私のテクニカル分析ではそうなるのです。

たとえば、これから2-3ヶ月、私が山に、こもって、一切の、ファンダメンタル情報を遮断して、チャートだけを、1日1回見るとします。それでも、豪ドル円は、いずれ暴落すると思います。

私が、追い求める究極のFXというのは、こういうタイプのFXでして、チャートを見るのは1日1-2回でいいのでは、と思っています。

こういったスタイルでの、FXでの取引を実行するには、強靭な精神力と、相場に対する、ゆるぎなき自信だと思います。

ただ、こういったスタイルには、欠点もあります。それは、利益確定するのが、たとえば2ヶ月後とか、かなり、ゆったり、遅くなりますので、専業の人には、向いていないかもしれません。しかし、忙しいサラリーマンには良いと思います。ただし、強い精神力が必要です。

ポンドドルですが、こちらは、ショートポジを持っています。来週ぐらいから、落ちてくると思っています。

この先、豪ドル円が、もし、本当に大きく落ちるとしたら、これは何を意味するでしょうか? それは、その時、NYダウや、日経も大きく暴落しているということです。

世界経済の2番底は、避けられないというのが、私の考えです。

いつもしっかりした記事ですー為替千里眼にほんブログ村為替ブログ93位

応援クリックして頂けると、とてもうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/07/10 21:07 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/550-e85fec7a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。