理論的なトレードとリスク管理 Since September, 2006


基本理念★★MT4のインデイケイターに忠実に従うこと、思惑による勝手な逆張りは絶対にしないことがモットーです
実際の相場のINDICATORを忠実に守るということは長期にわたって勝ち続けていく上での重要なポイントです。★★

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月発表の米国、雇用統計を振り返る。

2012 - 07/16 [Mon] - 21:43

蒸し暑いです。イヤになるくらいです。
健康維持に気をつけたいです。

世界の経済は、今後どうなるのか、なんとも言えませんが、今後もユーロの下落がテーマになることは可能性大です。


7月6日に発表されて米国、雇用統計の結果をまとめておきます。

米労働省が6日発表した6月の雇用統計では、非農業部門雇用者の増加数が前月比8万人増にとどまり、予想の9万人増を下回った。3カ月連続で増加数が10万人を下回ったことを受け、これまで量的緩和第3弾(QE3)に消極的だった米連邦準備理事会(FRB)が実施に傾く可能性も出てきた。

労働人口の増加にもかかわらず、失業率は8.2%と前月から横ばい。非農業部門雇用者の4月と5月の増加数は、前回発表から合計で1000人下方修正された。

第2・四半期の雇用者数の伸びは月平均で7万5000人となり、第1・四半期の22万6000人から大きく鈍化。米経済が成長を続けるには、毎月12万5000人程度の雇用増が必要とされている。

以下は、今回の雇用統計の主なポイント。

◎人材派遣は2万5200人増。前月の1万8600人増から加速した。人材派遣業の動向は将来的な正規雇用の動きを占う上で重要としてエコノミストの間で注目を集めているが、一部では、企業が長期雇用の代わりに人材派遣に頼っているとの見方も出ている。

◎財生産部門は1万3000人増となり、2万1000人減少した前月から増加に転じた。製造業は1万1000人増と、前月の9000人増から加速した。このうち自動車メーカーの雇用者数は6700人増。

◎建設は2000人増。5カ月ぶりに増加に転じた。

◎政府部門は4000人減。4カ月連続での減少となる。

◎時間当たり賃金は23.50ドルと、前月から6セント増加。平均週間労働時間は34.5時間と、34.4時間から延びた。

家計調査は、強弱入り混じった結果となった。

◎失業率算出に利用される家計調査によると、就業者数は12万8000人増となり、2カ月連続で増加した。労働人口は15万6000人増加した。

◎労働参加率は63.8%と、安定的に推移した。

より広範な失業状況を示すU─6失業率は、14.9%。これには、労働意欲があるものの求職活動をやめた人や、パートタイムで働いているものの、より多くの仕事をしたいと望んでいる人が含まれる。前月の14.8%から上昇した。

◎失業者数は1270万人。このうち41.9%が6カ月以上失業していた。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/649-d9c0d31c

 | HOME | 

私のFXの手法

私の頑固なまでのポリシーは、ナンピン禁止、含み損に耐えるトレードはしないということです。 ストップを必ず入れての短期売買が私のトレードスタイルです。地道にコツコツと行っています。

プロフィール

よしあきFX

Author:よしあきFX
FX8年目
トレンドフォローの短期売買が中心です


メールはlovely7fx★gmail.com まで。

FX ポータルの

FC2カウンター

カテゴリー

RSSフィード

Free

Free

DMM.com証券

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。