スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年の相場はどうなる? 

明けましておめでとうございます。
2008年、いよいよ始まりました。今年も健康に留意して、まったり、着実にいきましょう。

プロのアナリストの方たちの予想をみても、円高に対する警戒が強いです。

ただし、最近のシカゴ先物IMMの通貨ポジションを見てみると、ドルショートはやや減少、円ロングもやや減少となっています。
今のところ、極端な円高は、考えにくいように思います。
雲のなかでの上下が考えやすいと思います。
つまり110.40-112.70の間のレンジ相場です。

ただし、今後、要注意は、雇用統計とNYダウの動向です。

高金利通貨である、ランドは、米国の株式と連動する傾向が強いです。
1月ー3月は、厳しい展開になるかもしれません。私も保有しているので、ある程度覚悟しています(笑)。下がったら、買い増しです。

トルコリラは堅調ですね。ある意味コワイぐらい堅調です。

豪ドル円もずっと雲の下で推移していますが、当分、このままで大きな上昇は困難でしょう。NYダウが安定しないと、上昇も困難です。

米ドルは、2008年は、やはり下落傾向と考えた方がいいと思います。FRBはドル紙幣を乱発していますので、ドル高は考えにくいです。

総合すると、2008年は、特に前半ですが、株も為替もなかなか、難しい年になりそうです。2008年の後半は、もし株式が安定してくれば、カナダドル、豪ドル、ランドは、やはり強いと思います。

★ところでスワップ派にはSwappyというツールが良さそうです。スワップ派ランキング1位の方が紹介されています。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


スポンサーサイト
[ 2008/01/02 19:49 ] マーケット FX戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g5mac.blog76.fc2.com/tb.php/95-7a51fda9





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。